プログラム

特別講演

特別講演1

9月14日(土) 13:50~14:50
座長 小椋祐一郎(名古屋市立大学病院)

「バイオマテリアルが具現化する先端医療」
演者 田畑 泰彦 (京都大学ウイルス・再生医科学研究所)

特別講演2

9月15日(日) 10:30~11:30
座長 原  英彰(岐阜薬科大学)

「生理活性脂質による眼圧制御と緑内障治療の可能性」
演者 相原  一 (東京大学大学院医学系研究科眼科学教室)

シンポジウム

シンポジウム1 「バイオマーカー」

9月14日(土) 10:20~11:50
座長 石川  均(北里大学)
座長 安川  力(名古屋市立大学)

「マロンジアルデヒドと加齢黄斑変性」
演者 兼子 裕規 (名古屋大学医学部附属病院 眼科)

「アミロイドβーアルツハイマーと加齢黄斑変性」
演者 北川 順久 (日本大学病院 眼科アイセンター)

「眼感染症の網羅的PCR診断」
演者 杉田  直 (理化学研究所、神戸アイセンター病院)

「抗アクアポリン4抗体と視神経炎」
演者 石川  均 (北里大学医療衛生学部)

「メタボローム解析による緑内障バイオマーカー探索と個別化医療への応用」
演者 中澤  徹 (東北大学大学院医学系研究科 神経・感覚器病態学講座)

「緑内障病態関連因子の探索と治療薬創成への挑戦」
演者 嶋澤 雅光 (岐阜薬科大学薬効解析学研究室)

シンポジウム2 「創薬」

9月14日(土) 14:50~16:20
座長 瓶井 資弘(愛知医科大学)
座長 小泉 範子(同志社大学)

「網膜色素変性に対する遺伝子治療の医師主導治験」
演者 池田 康博 (宮崎大学医学部眼科学)

「Activated Protein C硝子体投与による虚血網膜再灌流」
演者 瓶井 資弘 (愛知医科大学眼科学)

「Rhoキナーゼ阻害薬を用いた新しい角膜内皮疾患治療法の開発」
演者 小泉 範子 (同志社大学生命医科学部)

「抗体製剤 ぶどう膜炎」
演者 臼井 嘉彦 (東京医科大学臨床医学系眼科学)

「中空デバイスによる分子標的薬の眼内徐放システム」
演者 髙瀬 範明 (名古屋市立大学大学院医学研究科視覚科学)

「近視進行抑制薬と動物モデル」
演者 加藤 雅智 (参天製薬株式会社 研究開発本部 製品研究統括部)

シンポジウム3 「生体材料・再生医療」

9月15日(日) 13:00~14:30
座長 堀  裕一(東邦大学)
座長 万代 道子 (理化学研究所)

「人工硝子体」
演者 岡本 史樹 (筑波大学医学医療系眼科)

「眼疾患に対する羊膜の利用について」
演者 堀  裕一 (東邦大学医療センター大森病院 眼科)

「網膜色素変性に対する再生医療における次世代移植片の開発」
演者 万代 道子 (理化学研究所 生命機能科学研究センター)

「網膜移植」
演者 門之園一明 (横浜市立大学医学研究科医科学)

「iPS 細胞を用いた角膜移植」
演者 大家 義則 (大阪大学大学院医学系研究科眼科学教室)

「遺伝子治療による視機能再建」
演者 冨田 浩史 (岩手大学理工学部生命コース)